上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.16 町内会元会長
1月末に、町内会元会長が逝ってしまいました。
長い間、町内会の為にご尽力され、豊かな知識と経験、大きな包容力を持っている会長でした。
80歳で引退されると入れ違いで私は町内会役員を受けました。小学校のPTA役員をしていた時から
お世話になり、いつも声をかけてくださいました。町内会役員を受けたのも、その恩返しができればと思ったからです。

昨年の春に私が、役員会で孤立状態になった時に、お電話をくださり励ましてくれました。それから昨年の11月まで
何度も電話で相談にのっていただきました。
元会長がお電話をくれなかったら、私は町内会役員をとっくに辞めていました。

「時代は変わったんだよ。年寄りはもっと若い人を頼らなければいけない。我々が感じている以上に
若い人の感性の方が優れているところが多い。その新しい考えを受け入れられない年寄りは去るべきであり、
その考えが少し逸れているようであれば、教えてあげれば良いだけなんだよ。」

ご自身に重ねてお話をしてくれたのだと思います。

元会長は昨年の冬囲いシーズンあたりから、葬儀のこと、今後のこと、遺影まで用意され、年明けに入院し
1月末に逝かれました。とても優しく少し恥ずかしそうに微笑んでいる、いつもの御顔の遺影でした。

「辛抱の時だよ。あなたは間違っていない。応援してる人もいることを忘れてはいけないよ。僕もその一人だから。」
電話の最後には必ず言ってくれた言葉。今でもはっきりと聞こえます。


弱い私は、町内会の古い体質に嫌気がさし、来年度の継続を思案中です。会長、電話したいです。


                                          by ももまま
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://siitake2013.blog.fc2.com/tb.php/12-d698b3e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。